「Day One」が止まった日

日記を書くために「Day One」というアプリを使っています。
日記というよりは、ひとりTwitterみたいに出来事や思ったことを記録していきます。
写真も保存できるし、位置情報も記録できるので便利です。
Mac、iphone、ipad、Apple Watch間で同期するので、いつでも記録することができます。

Day One
The award-winning journal app for iPhone, iPad, and Mac.

昨日まで「Day One」のサーバーが止まってしまうという事態が発生しました。
その顛末がこちら(にたぶん書かれています)。

May 2018 Day One Outage Postmortem | Day One Help

サーバーが動かなくても、ユーザーのアプリにエントリーは保存されます。
したがって、問題はすぐには生じませんでした。
ただ、各デバイス間で同期ができないのはやはり不便。

私は「Ifttt」を使って、Tweetをするたび「Day One」に記録するようにしています。

あまりTweetはしませんが、ランニングが完了するとランニングアプリ(「Runkeeper」)で走行距離などを自動的にTweetするようにしてあります。

IFTTT helps your apps and devices work together
IFTTT (if this, then that) is the easy, free way to get your apps and devices working together. The internet doesn't always play nice, but we're here to help.
Runkeeper - Track your runs, walks and more with your iPhone or Android phone
Join the community of over 45 million runners who make every run amazing with Runkeeper. Track your workouts and reach your fitness goals!

したがって「Runkeeper」→「Twitter」→「Ifttt」→「Day One」と記録が流れていくことになります。
サーバーの停止により「Ifttt」との連動もストップしてしまいました。
年間数千円かかるサブスプリクションモデルなので、頭にきた人もいたようです。

無事復旧したのは何よりですが、サーバーにデータを預ける怖さについて考えさせられました。
サーバーが完全に消失してデータも失ってしまったら……
いまや、写真も文章もすべてクラウドに預けてしまっています。
以前はローカルのハードディスクにバックアップを取っていましたが、すっかりごぶさたです。
だけど、ローカルのハードディスクの方がクラウドより危ない気もしますよね。
悩んでもしょうがないな。
クラウドが消失しても、思い出は私の心というハートディスクに保存されているから平気、ということにしましょう。

「DayOne」の読み方〜日記を読み返すために、日記システムを見直す2
日記は「DayOne」というアプリで書いてきました。 それをやめて「Dynalist」というアウトライナーに切り替える、と先日書いたところです。 日記は書くことと同じくらい「読む」ことが重要だ、と『日記のすすめ』『日記の...