SONY Xperia Ear Duo

ランニングのときを中心にSONYのイヤホン「Xperia Ear Duo 」を愛用しています。

AppleのAirPodsがほしかったのですが、2が出そうだけど出ないし、という微妙な状況。

カナル型のノイズキャンセリングタイプもいいのですが、周りの音が聞こえないと逆にどきどきするし、何より耳にしっかりフィットしない可能性が高い。

カナル型のイヤホンはいろいろ使用してきたのですが、どんなイヤホンでもなぜか左耳が外れてしまいます。

左のイヤーピースを大きくしたり小さくしてもだめ。

特殊な耳の穴の形状をしているようです。

 

Xperia Ear Duoはオープンエアータイプで、耳の下側に引っかけます。

音の出る部分が耳の穴の上に来る。

耳の穴に直接触れないので、逆にフィット感を考えなくていいや、と導入を決めました。

 

耳に直接触れていないことから音質はあまり期待していなかったのですが、とてもよい。

音に広がりがあります。

耳の下に引っかけるユニークなスタイルですが、圧迫感や変なところに当たる感覚はないし、落ちることもありません。

おもしろいバランスで耳に引っかかっています。

走っていて周囲の音も聞こえるし、車に轢かれることも(たぶん)ない。

 

このイヤホンはXperiaを使うと、LINEの応答ができるらしい。

iphoneでは全能力を発揮することができませんが、とりあえず自分の用途としては音楽が聴けて、通話ができればよいので問題ないです。

 

振り返ると、通勤やランニングのための音楽にはかなり投資してきました。

音源はカセットテープのウォークマンからMD、ipod、iphoneと変化していくのに対応して買い換えてきました。

いっぽう、イヤホンの仕組みは基本的に変わらないので、徐々にいいものに更新していく、という楽しみ方ができました。

しかし突然、イヤホンが音源から無線でつながる時代が来てしまいました。

イヤホンのコードがバッグの中でいつもぐるぐるこんがらがっていて、ほどいているあいだに目的地に着いてしまう、という悪夢からの解放。

そして、とうとう左右のユニットをつないでいたコードさえなくなってしまいました。

次は耳の内部にユニットが埋め込まれてしまうのでしょうか。