HHKBの「書き味」はすばらしい

季節の変わり目のせいか、それとも病気が進行したのでしょうか。

最近までかなり治まっていた手の震えが、けっこうな勢いで頻発するようになりました。

手が震えて困るのは、それに気を取られて集中力がなくなってしまうこと。

実は集中力はもともとないのですが。

現在直結して困るのは、本を読むこと。

そして、こういった文章の入力です。

まあ、手が震えるのだからキーボードはもちろん打ちづらい。

さらに問題なのは、「親指シフト」を導入しているため「同時打鍵」をする必要があるのです。

手の震えで、同時打鍵のタイミングがずれることが続出。

使わせていただいている「Lacaille」という親指シフトのソフトは同時打鍵のタイミングをずらせます。

遅くしたり速くしたり試行錯誤したけれど、なかなかうまく行きません。

音声入力をすることも考えましたが、あいかわらずなんとなく気恥ずかしい。

とはいえ、近いうちに音声入力に完全移行することにはなるのでしょう。

HHKBを導入しました。

「Happy Hacking Keyboard」です。 職場では東プレの「RealForce」のキーボードを使っていました(まだあるはず……)。

いわゆる「静電容量無接点方式」という点ではどちらも同じです。

けっこう押し込む感じのキータッチ。

Macbookの「バタフライキーボード」はまったく逆でクリック感がゼロ。

かなり不評ですが、私はそんなに嫌いではありません。

ただ、指や肩には悪そうだし、現につらい。

最近、多くの方々がやけに絶賛していることもあり、もろもろの状況の打破のため、思い切って買ってみました。

とはいえ、Macbookでどう使うのか。

そして、いったいこの板は何か。

こうやって。

ノートのキーボードの上に載せます。

この板は「バタフライボード」という名で純正品扱いで売られています。

この板の上にHHKBを置くことでMacのキーボードには干渉しないのです。

しかし、変態的だ。 この打ち方は「尊師スタイル」といわれています。

尊師。

打ち心地はさすがによいです。

筆記用具でいえばできのいい万年筆のよう。

いつまでも打っていたい気がしてきます。

キーの配置がMacと微妙に違うので、ミスタッチが別の意味で増えてしまいましたが、それに慣れればかなり楽になりそうです。

いいわあ。

ただ、持ち歩くとなると考えてしまいますよね。 塩澤先生はもちろん持ち歩いていらっしゃいますが……

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク