写真の管理と「Adobe Lightroom CC」

昔カメラを持っていた頃は、カメラからデータをMac経由で外付けHDDに流し込んで保管していました。

フォルダで管理することもしていましたが、生来のめんどくさがりのためそういうこともなくなりました。

なので、ぐちゃぐちゃ(一応時系列順)に入っています。

カメラを手放してからは、iphoneでしか撮影しません。

そこで「icloudフォトライブラリー」を使用しています。

ここに入れておけば、Macでもipadでもシームレスに写真が使えます。

せっかくなので、過去に撮影したすべての写真をぶち込んでしまいました。

44GBくらいの容量です。

icloudは写真以外でも使っているので、50GBは超えてしまいます。

そこでicloud200GBコース(400円/月、税込)に入っています。

 

さて、最近また写真熱が高じてきました。

カメラが欲しいなあ、というのとは別に、写真を加工することに興味がわいてきました。

写真を加工するなんて邪道だ、と思っていたのですが、最近ネット上で作られた幻想的な写真を見ると、自分もやってみたいと思います。

調べてみると、写真の加工などをするにはAdobeの「Lightroom」を使うのが王道のようです。

 

lightroomには現在、二種類のバージョンが出ています。

PCで作業をすることが主体の「Lightroom Classic CC」。

モバイルで使いやすい「Lightroom CC」。

機能的には「Classic CC」がプロ仕様、「CC」はそれよりは機能を簡潔に絞ったもののようです。

 

どちらもサブスプリクションモデルとなります。

「Lightroom Classic CC」に加え、「Lightroom CC」、「Photoshop CC」が使える「Creative Cloud フォトプラン」は1,029円/月。

クラウドストレージが20GBついています。

1TBに増やすと2,079円/月です。

 

「Lightroom CCプラン」はPhotoshop CCもLightroom Classic CCも使えない代わり、クラウドの容量が1TBあります。

1,029円/月。

 

撮影したデータの保管場所は「Lightroom Classic CC」はローカルのハードドライブという従来のやり方が基本。

一方「Lightroom CC」は、クラウドストレージにデータを保管してしまうという考え方のようです。

 

最初は「Creative Cloud フォトプラン」にしようと思っていました。

だけど、生来の面倒くさがりやの私が外付けハードディスクにデータを入れたりするものでしょうか。

また、そんなに緻密な加工などをMacでやるでしょうか?

あやしい。

 

すでにicloudフォトライブラリーで、シームレスに写真を扱える楽さを味わってしまっています。

また、写真を保管する、という作業も現在ほとんど気にしたことがありません。

「Lightroom CC」なら、icloudフォトライブラリーに入っている写真は余裕で入れることができます。

各デバイス間でシームレスに写真を取り扱えます。

保存もiphoneからの取り込みにボタンを押すことは必要ですが、それほど手間にはならない。

「Lightroom CC」アプリ自体にカメラがついていますから、それで撮れば自動的に取り込まれます。

 

写真の加工も、今からプロのようにまではやることはないでしょう。

むしろipad proでこまめに作業ができるのであれば、上達しそうな気がします。

現像、加工ができるクラウドストレージと考えれば、まあ許せるではないでしょうか。

icloudから写真がなくなれば容量を下げられるので、400円/月から130円/月になるし。

 

ということで、さっそく「Lightroom CC」に登録し、icloudの写真ライブラリーから 読み込ませました。

2000年から、合計27,103枚の写真がありました。

いったいどうするんだろう、いつか見るのだろうか?とは思いますが、捨てる気にはなれません。

しばらくこの環境で試してみます。