MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)のキーボード修理プログラムを使った

「MacBook および MacBook Pro キーボード修理プログラム」が先日Appleから発表されました。

MacBook(early 2015〜)及びMacBook Pro(2016〜)のキーボードには「バタフライキーボード」が採用されました。

当初、このキーボードの浅いキータッチが不評でした。

しかしそのうち、キータッチ以上に問題が出てきました。

打鍵に反応しなくなる不具合が、頻発し始めたのです。

私のMacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)も同様の不具合に見舞われました。

キーを押しても文字が出ない。

エアダスターを購入し、しゅーっとして解決してきました。

修理プログラムにさっそく申し込んでみることにしました。

今回はチャットをつかって、ピックアップによる修理をお願いすることにします。

対象機種が全て修理されるわけではなくて、検査の結果、現に不具合があるものが対象であるとのことです。

私のMacBookは現在明確な症状はありませんが、過去にトラブルがあったことから、一応見てもらうこととしました。

Appleに到着後、確認の上修理が不要と認められる場合は何もせず送り返すこと(その場合でも無料)、ピックアップから修理、返送までおおよそ1週間かかることの説明を受けました。

チャットの所要時間は30分程度でした。

丁寧に対応していただきました。

チャットの翌日の夕方、宅配便の方がMacBookをピックアップしていきました。

修理状況はネットで確認できます。

ピックアップされた翌日にはAppleに到着。

当日修理が完了し、即日返送されたとの表示。

修理内容はわからないので、確認だけしての返送かもしれません。

結局、ピックアップから3日後にMacBookが戻ってきました。

「検証の結果、「N」キーが反応しない症状を確認しましたので、リペアエクステンションプログラムに基づきまして、トップケース(キーボード一体型)を交換致しました」とのこと。

トップケースとはキーボード面全体のことのようです。

そういえばなんとなくきれいになったような気もします。

気のせいかもしれませんが。

キータッチの変化についてはちょっとわかりません。

だけどきちんと直してもらったので、気分的にはすっきりしました。

対応のスピードなどは、満足するものでした。

またばりばり使います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク