料理禅

料理を作るときが一番リラックスしているかもしれない。

タマネギを切ったり、肉を酒に漬けたりする作業をしていると、頭が空っぽになる感覚がある。

思えば、以前は料理を作るにあたって、セオリーをいかに破って自分の味を出すか、ということに執着していました。

当然、だいたい失敗に終わる。

しかし最近は、冷蔵庫内の食材をネットで検索して、そこに書いてある通りの手順で料理します。

というか、いかにその手順通りにつくれるか、ということに神経を使います。

自分は料理を作る機械であるかのように振る舞っていると、実にリラックスできます。

自意識を捨てたほうが、ずうっとおいしくなります。

 

以前は生姜焼きと餃子とにら玉ばかり作っていましたが、最近いかに毎日違う献立にするか。

その部分だけ意識的でいるようにしています。

砂糖やみりんをうまく使えるようになったのが、進歩の跡だと自賛。

料理は楽しいなあ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる