学校に行きたくてしょうがないのか

ニュースを見ていると「学校に行きたい」という子供ばかり出てくるが、学校が休みで嬉しい子供はかなりたくさんいるはず。

しかし「学校が休みで嬉しい」とインタビューで答えても、伝える側の意向により流れることはないでしょう。

少なくとも私が子供ならば、嬉しくてしょうがなかっただろうなあ。

思い出すと、学校には最低限しか行ってない。

ぎりぎり3分の2くらいの出席日数で、かろうじて進級し続けてきた。

おかげで、却って面倒なことがいろいろありました。

幼稚園の頃から、どうしてこんなところに行かなければならないのだろう、と自問自答しながら生きてきました。

学校にどうしても馴染めない自分は、楽しそうなクラスメートたちに僻んでいたのだ、と思います。

村上春樹が学校なんかろくなところじゃない、とどこかで書いていたのでほっとしました。

学校のどこが楽しいのか、わからないまま大人になってしまったけれど、そんなこと言ったら殺されてしまいそうな世の中でもある。

学校を卒業しても、今度は社会に馴染めず苦労して数十年になります。

やっと馴染めなくても勝手にやってればいいんだ、ということに気づき始めたのですが、とっても遅い。

 

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる