アウトプットのためMacBook Airを導入

最近まで、外出時にはiPad proとAppleのMagic keyboardを持ち歩いていました。

ipad proはインターネットの閲覧やKindle端末として活用しています。

しかしMagic keyboardの方は、なかなか使いこなせていませんでした。

結局今は職場に置きっぱなしにしてあります。

最大の要因は、ipadでは親指シフトでの入力がしづらい点にあります。

したがって「インプット」の端末としてはあまり使えていません。

 

2012年に親指シフトを習得して、もう5年。

親指シフトでないと、入力が遅いし違和感がありまくりです。

セキュリティが強い職場のWindowsのPCにも「かえうち」を介して親指シフトが使えるようにしてあります。

かえうち
すべてのキーボードが あなた専用になる
親指シフトと「かえうち」
「親指シフト」をご存じでしょうか? PCの日本語入力は、ほとんどの方はローマ字入力を使っていると思います。 そしてごく一部がかな入力。 「親指シフト」は1979年に富士通が考案した、もうひとつの入力方法です。 同一のキー(例えば「T...
Windows10 PCで「かえうち」を使う(東プレ「Realforce」)
リハビリ出勤もなんとか何日か経過しました。 業務用に支給されたWindows10のPCの設定も終わり、続いて親指シフトを使えるようにします。 なぜ親指シフト化が必要か 2013年頃から塩澤一洋先生@shiologyの影響で、ローマ...

実は、iPad proでもかえうちを使えば親指シフト入力は可能です。

しかしそうすることでipadのコンパクトさ、携帯性とは相反してしまう気がして。

それにiosの日本語変換ソフトがどうにも気持ち悪い。

そのうちiosの日本語変換ソフトが改善されるなり、ATOKなどのサードパーティのソフトが併用して使えるようになるのではないか、と期待をしていました。

しかし望み薄な感じです。

 

最近、アウトプットがなおざりになっていると自覚しています。

そんな状況を打破しなくては。

ブログや読書ノートづくりのためのインプット用端末として、久しぶりにMacBook Airを導入してみることにしました。

Apple Storeで整備済製品の2018年のMacBook Airが出回っていました。

少し大きいかなとも思いましたが、老眼には13インチのものがいいかな、と。

まずは、親指シフトのためのセッティングをしてからいろいろいじります。

https://scrapbox.io/shiology/05162-180614_Macで「親指シフト」する設定%E3%80%88Karabiner_Elementsのみで実現版〉