復職と服飾

およそ一ヶ月半のリハビリ出勤を経て、11月1日に復職することができました。

初日はスーツを着て、ネクタイを締めました。

スーツもネクタイもずっと使っていなかったので腐っているかと思いましたが、意外と日持ちがするものです。

少し太っていましたが、なんとか入りました。

復職がうまくいったのは、何よりも完全に周囲の心遣いのおかげだと思います。

特に直属の上司には本当にお世話になりました。

すばらしい上司に恵まれました。

もちろん同僚も助けてくれたし。

ブラックな企業じゃなくてよかったです。

うちの会社でも部署によってはグレーなところもあるようですが。

いきなり責任のある仕事を任されることもなく、回ってくる書類のチェックのようなことをやっています。

人の揚げ足をとるのが好きなので、チェック的なことは向いています。

先入観を捨て、虚心坦懐に書類を見るのです。

こっそりと自分で書類を作ってもいますが、なかなかスムーズにいきません。

依然として仕事頭にならない。

あせらず、じっくりやるしかないです。

帰りになると疲れが出るのか、歩くのに少し難儀します。

ゆっくり右足を引きずりながらすっかり日の暮れた歩道を歩いていると、ああ病気なんだなあと感じます。

しかし、劇的な治療方法が見つかるまで生きているとも思えません。

こんなもんだ、とうまく付き合っていくしかないです。

二日目からはスーツはやめて、カーディガンにしました。

とにかくリラックスして働けるように、さらにMY環境整備を進めていきます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる