胃の内視鏡検査を受ける

バリウムによるX線検査で胃に異常があるということで、内視鏡の検査に行って来ました。

あわせて読みたい
胃の精密検診を受けることになった
胃の精密検診を受けることになった父が胃がんで亡くなったということもあり、胃検診は一応きちんと受けています。先日受診したバリウム飲んでのX線による検診の結果は「粘膜異常胃体下部後壁」。精密検査...

鼻から入れるやり方と口から入れるやり方がありますが、今回は口から。

ベッドに横になり、のどの奥に麻酔薬を二回噴霧されます。

マウスピースを咥えさせられると、すぐに検査開始です。

カメラがずずずいっと入ってきますが、あまり感覚がありません。

モニターに自分の内臓が写っています。

食道。

人間の身体は皮膚が胃にまで続いているということが実感されます。

内視鏡は問題の胃に到着。

素人目にも赤くなっている部分があることが分かります。

「慢性的な胃炎でしょうか」と先生。

十二指腸あたりまで入っていきます。

奥まで行きますね。

すげえなあ。

胃に色素を撒いて色をつけて、表面の荒れ具合を確認します。

わ、胃が青くなった。

内視鏡が入っているあいだ、若干気持ちは悪いのですがなんとか持ちこたえられました。

 

先生の話によると、ピロリ菌にやられたこととピロリ菌を退治したことで胃の表面が相当荒れているということでした。

がん性のものは見つからなかったので今回は心配ないけれど、がん発生のリスクは高いとのこと。

胃がこの状態だと、バリウム検査では要精検となりうるそうです。

来年からは最初から内視鏡検査をしてください、とのアドバイスでした。

とりあえず、一安心。

暴飲暴食は控えて、ささやかに生きていきましょう。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる