昼ごはんをぬいてみて二週間

昼ごはんをぬく生活を始めてから、おおよそ二週間経ちました。

あわせて読みたい
昼御飯ぬき実験、始まった
昼御飯ぬき実験、始まったDaiGoさんに影響されて、昼ごはんをぬく実験を開始しました。https://madao-betsuo.com/koukaishinaichosentakujutsu/連休中自宅で試してみましたが、なんとかクリア。...

朝ごはんを軽く食べ、昼は抜き、15時頃おやつを食べて、普通に夕食をとる。

その後どうなったか。

体重は減りました。

起き抜けの計量で2kg程度減りました。

午後の仕事はいままでより捗っている気がします。

(あくまで個人の感想であり、すべての人に当てはまるわけではありません)。

午後にがくっと眠くなることがないのはいいです。

いちばんのメリットは、昼ごはんを食べる時間を他のことに充てられることです。

昼ごはんを食べるまでには、それなりのプロセスが必要。

仮に弁当を食べるにしても、食べ始めるまでに数分はかかります。

食べ終わったら食べ終わったで片付けたり歯を磨いたりと、意外と時間はかかるものです。

それがまるまるなくなるのだから、逆にいったい何をすればいいのかというくらいの時間が手に入ります。

その時間は日記を書いたり、本を読んだり。

最悪の場合は仕事をするということもできます。

もちろん、しないようにしていますけれど。

最初のうちはお腹が午後空いたけれど、だいぶ慣れてきました。

夕方「SOYJOY」を食べておけば、なんとか夕方まで持ちます。

[amazonjs asin=”B00J7C2XFC” locale=”JP” title=”大塚製薬 ソイジョイ アーモンド&チョコレート 30g×12個”]

水分は不足しがちなので、多めに飲むようにはしています。

原理主義的ではなく、ゆるゆると続けてみたいです。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる