昼御飯ぬき実験、始まった

DaiGoさんに影響されて、昼ごはんをぬく実験を開始しました。

あわせて読みたい
『後悔しない超選択術』と昼ごはんをぬくこと
『後悔しない超選択術』と昼ごはんをぬくことDaiGoさんの『後悔しない超選択術』という本を読みました。[amazonjs asin="4791627172" locale="JP" title="後悔しない超選択術"]人間は一日に70回もの人生を左右する...

連休中自宅で試してみましたが、なんとかクリア。

今日から仕事で、いよいよ本番です。

これまではだいたいオフィスでまとめて注文するお弁当を食べていました。

ご飯の量が半分で、サラダが多いというヘルシーなもの。

それを食べてもお腹が空いていたのに、抜きでいけるのか?

昼ごはんをぬく意味は、午後のパフォーマンスを上げるために胃に負担になるものを入れないでおこうということ。

水分やそれに準ずるものなら、たぶんだいじょうぶであろう。

ということで、昼前にスティック状のアミノプロテインを水で流し込んでみました。

[amazonjs asin=”B00B7E1O1C” locale=”JP” title=”アミノバイタル アミノプロテイン レモン味 30本入パウチ”]

効果は分かりませんが、なんとなくよさげではないですか(すごくぼんやりしている)。

 

昼休みはモスバーガーでコーヒーを飲んで休憩。

さて問題の午後。

パフォーマンスが上がるのか、それとも空腹に耐えながらしのぐのか。

意外とお腹は空かなくて、そこそこの状態で推移しました。

15時半にはおやつをかじってしのぐ。

[amazonjs asin=”B00P7P81B8″ locale=”JP” title=”アサヒグループ食品 1本満足バー シリアルブラック糖80%オフ 1本×9本”]

終業までまじめに仕事ができました。

おおよそ、午後になればもともとやる気がなくなります。

パフォーマンスが上がったというよりは、思ったほど下がらなかったなあという感想です。

決断や判断することを午前中に持ってくるようにすれば、何とかなりそうです。

 

まあ、無理せず続けてみましょう。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる