長く閉ざされていた窓を開けに行く

11月で約3年の休職期間から復帰後、丸一年が経ちました。

この一年間、疲れないよう適当に休んでいるので、急に具合が悪くて当日休むということもありませんでした。

そのぶん、周りのかたがたには迷惑はかけていますが。

復帰当初は周囲の人と会話するのさえ緊張していましたが、最近はだいぶこなれてきたような気がしています。

それはそれでいいのですが、一方でなんだかモチベーション的なものが保てなくなってきています。

復帰当初は「仕事に慣れよう」とか「ふつうの人と同じくらいに仕事ができるようにならねば」なんて考えつつ、思い詰めない程度に毎日過ごしていました。

その後、徐々に仕事の進め方もだいぶ人並みになって(個人の感想です)、目標を達成してしまうと、次に何をすればいいのか。

仕事以外でも、これといった好奇心や興味がなくなっています。

仕事を終えて帰ってくると、まあいいか、という感じで寝てしまう毎日。

ブログもすっかり書けなくなっておりました。

これではいけない。

ていうか、また鬱ではないですか。

しかし、どうすればいいのか。

何日も悶々としていたのですが、ある日、天からの声が聞こえました。

「Windowsにしてみなさい」

 

10年程前まではプライベートではWindowsのPCしか所有していませんでしたが、iPhoneを手にしてからAppleにすべてを捧げてきました。

とはいっても、職場のPCはWindows。

Windowsのことがわからなくなってしまっているので、いろいろ不便に感じることがあります。

もう少し、Windowsのことを勉強したい。

それに加えて、Appleの世界に対しての若干の「飽き」があります。

Apple Worldは快適なのですが、あまりにも清潔すぎて、こんなに便利でいいのだろうか、と思うことが多くなりました。

たまには、もう少し不便でもセルフメイドな感じの世界に足を踏み入れたいな。

いわば『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』の「世界の終わり」パートから脱出したい、という感覚です。

などといろいろ言っていますが、要は新しいPCを試したいという病気が生じただけに過ぎないのですが。

そんなこんなでWindowsのPCがやって来ました。

金銭に余裕もないのに。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる