純正のメモ帳、あるいは青い鳥

何でもかたちから入るタイプです。

こういったブログなどの文章を書くときは、いわゆる「アウトライナー」を使うのがいい、と教わってから、workflowyDynalistを使って書いてきました。

思いついたことをアウトライナーに落としていって、それを並べ替えたり合体させたり分けたりしながら書いていくのが正攻法だと。

ただ、書き始めるときに少し違和感を感じたりするのです。

ブレーンストーミング的なことにはアウトライナーは向いていると思うのですが、「さあ文章を書くぞ」といったときにはもっとシンプルな紙のようなものがいい。

つまりはエディター。

以前「Ulysses」を使っていたことがあるのですが、表示のしかたがなんとなく気に入らなくて、サブスプリクション化とともにやめた経緯があります。

調べてみると「Textwell」とか「ir writer」とか新しいところでは「Bear」とかの評判がいいようです。

どれがいいんだろうと細かく調べてみるのですが、基本有料だし、これだ!というものがありません。

Bearはインストールしてみましたが、好みのフォントが使えないようでちょっとがっかり。

悩んでいるうち、ふと気がついたのがMacの純正のメモ帳。

フォントなども自由に変えられるし、Maciphoneipadでシームレスに作業ができる。

表示もUlyssesより好みです。

もちろん無料。

しばらくはこれでいってみます。