もうすぐ絶滅するという紙の資料について

病気で休んでいた仕事に、三年ぶりに復帰しました。

その間に変わったり、変わっていなかったりしなかったことにします。

以前、会社のシステムのPCにログインするには非接触ICカードで認証していました。

それが今や、顔認証に変わっていました。

今風。

 

つまらないことでは、電話機が更新されておりまったく使い方が分かりませんでした。

来週は電話をきちんと勉強します。

 

一方変わっていないこととしては、意外とペーパーレスが進んでいないなあという印象です。

紙の書類をまったく否定するわけではありません。

しかし、リファレンス系は紙ではなく電子のほうがいいです。

検索しやすいし、持ち運びしやすい。

幸いにも職場の資料の書類はpdfになっています。

これをipadに読み込ませれば、いつでもどこでも読める。

基本的なことをほとんど忘れているので、こつこつ勉強しなくては。

 

pdfを読むためのアプリを調べてみると「Goodnotes」の評判がいい。

GoodNotes Homepage | A new take on note-taking
Take handwritten notes in rich, multi-media notebooks and annotate imported PDF, PowerPoint, and Word documents. GoodNotes lets you search for your handwritten ...

ipadに入れました。

 

オフィスのPCからpdfファイルを暗号化してUSBメモリーで取り出します。

USBメモリーをMacに差し、pdfファイルを仮想環境上のwindowsで取り出します。

そのファイルを「Dropbox」に入れて、ようやくipadで読み込ませていました。

 

今日たまたまネットを見ていたら、「GoodNotes」のMac版があるというじゃあないですか。

iPadでGoodNotes4を使ってる人はMac版も活用すると便利
8月もあと少しで終わります。夏休みも終わります。 僕はiPadに授業を活用する手段として、教科書のP…

知らなかった。

早速インストールしました。

 

早乙女さんが書いているとおり、ファイル管理はMac版のほうが便利。

とりわけ、Evernoteのファイルをドラッグでかんたんに移せるのがよい。

私は紙のファイルをスキャンしたら「Evernote」に読み込ませる設定にしています。

しかしipad上で「Evernote」から「GoodNotes」へのpdfファイルをどうやって受け渡せばいいかがわからなかったんです。

これで「Evernote」という貯蔵庫から「GoodNotes」というリーダーへの流れがスムーズになりました。

 

着々と資料のpdf化は進んでいます。

とはいえ、資料をipadに入れただけで満足してしまいがちなので気を付けなくては。