選択と集中

いつの間にか、年末になってるらしいです。

若い頃はきちんと年末のけじめ的な作業をしたものでした。

掃除や身の回りの整理。

しかし年をとると、なんとなくそんなことが恥ずかしい気もしてきます。

日記は1月1日から書いたものですが、今はあえて8月31日から書くようなことをしています。

とはいっても、なんとなく世間の年越しムードに乗り遅れたくないので、何かしらの作業をすることにしました。

 

ガジェット類の整理。

選択と集中。

そもそも重複する機能を持つガジェットを持ちすぎていたのです。

iPad proが二台(12.9と10.5)。

MacBook proにMacBook AIR、そのうえsurface pro。

iPad proは12.9はとても見やすいのですが、やはり大きすぎる。

親指シフトができるようになるとノートパソコンの代わりになりますが、一向にサードパーティーの日本語入力ソフトが入れそうもない。

その辺の機能はsurfaceさんに任せることにして、本やブラウザ閲覧のために10.5を手許に残すことにしました。

MacBook proは確かにすばらしい機種でしたが、自宅では外付けモニターをつけていたのでぱっと見はairでもそう変わりはない。

もちろん、写真の現像などの作業ではずいぶん差がありますが、しょっちゅうやるわけではないのでまあいいか、と。

 

ということでiPad Pro 12.9とMacBook proを処分しました。

多少はすっきり。

とにかく私は持っているモノが多すぎる。

今後も、減らしていく所存であります。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる