英語習得を夢見ていた頃

十年くらい前まで、英語を上達したいと真剣に考えていたのだけれど、いま思うといったい何を目的にしていたのだろうか。

海外旅行にしょっちゅう行くわけではないし、英語の本を読むわけでもない。

強いていえば、小説を翻訳ではなく言語で読みたいとは思っていたけれど。

TOEICを受けたりしていました。

歯が立たず、まったくやる気がなくなりましたが。

結局、いくら勉強しても身につかないことにやっと気づいて勉強をやめた。

現在は、ネット上で英語を読まざるを得ない状況によくぶち当たるけれど、単語さえ分かれば何とかなる。

海外製のアプリの不具合や割引についても、拙い英文メールを送ればなんとか理解してもらってフィードバックを得られた。

若い人は語学を勉強するべきだけど、おじさんはもう別のことをやったほうがいい。

競馬をやるよりは語学の方がましですが。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる