真夏の異動

長い梅雨や、そのあとの厳しい暑さや、厳しい仕事や、厳しい競馬などにすっかり打ちのめされて、しばらく書くのをお休みいただいておりました。

身体も動かなきゃ、頭も働かない。

ようやく涼しくなったので、再開させていただきます。

以前書きましたが、私の仕事をほぼアウトソーシングしているといってもよい若者が隣に座っていました。

あわせて読みたい
仕事の片づけかた(あまりにだめなおじさん的な)
仕事の片づけかた(あまりにだめなおじさん的な)めずらしく、非常にめずらしく、今日は仕事を片付けてやるという意気込みでよく動き、働きました。その結果、その仕事に伴う想定していなかったことが発生し、結局片付...

彼が、この真夏のイレギュラーな時期に異動してしまいました。

ひじょうにまいった。

仕事を押しつけられないじゃないか。

後任に、これも仕事のできそうな若者がやって来ましたが、もちろん急にはこなせない。

あたりまえですが、逆に仕事を教えてあげなきゃいけません。

私は人に教わるというのが苦手ですが、それにもまして人に教えるのは苦手。

というか、教える中身を持っていない。

あわててこつこつ勉強を始めましたが、遅すぎるっつうの(ビートたけし調)。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる