週刊新聞を探して

あいかわらず「時間術」とか「メモの方法」みたいな本ばかり読んでいます。

このあいだ読んだのは佐藤優さんの『調べる技術 書く技術 誰でも本物の教養が身につく知的アウトプットの極意』です。

調べる技術 書く技術 誰でも本物の教養が身につく知的アウトプットの極意 (SB新書)

当然佐藤さんは新聞を読みなさい、といいます。

しかし、以前の池上彰さんの本とは違って、何紙も読めとは言わない(できれば2紙は読んでほしいとは言っているけれど)。

あわせて読みたい
僕らが毎日やっている最強の読み方──新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意
僕らが毎日やっている最強の読み方──新聞・雑誌・ネット・書籍から「知識と教養」を身につける70の極意池上彰 佐藤優 東洋経済新報社 毎月(毎週?)のように本を出しているお二人がどのように新聞、雑誌、ネット、書籍の各種のメディアをどのように読みこなしてい...

毎日、1紙には目を通し、月に一度、『新聞ダイジェスト』で1カ月のまとめを読む。これを、新聞を読む最低ラインとすることである。

佐藤さんは『新聞ダイジェスト』じゃだめだとは言っているのですが。

雑誌/定期購読の予約はFujisan
新聞ダイジェスト
新聞ダイジェスト毎月の新聞ニュースの1カ月分をコンパクトにまとめています。時事問題、社会事象の学習や整理に最適です。

いっぽう、今日読んだ『時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』では「ニュースはいっさい見るなとはいわないが、週に一度まとめてみることを勧める」と書いてあります。

例えば「エコノミスト」や「タイム」を読めば充分だ、と。

以前「週刊新聞」がほしい、と書いたので我が意を得たところではあります。

あわせて読みたい
週刊新聞がほしい
週刊新聞がほしい新聞を読まなくては!電子版で読もう!などと気合いを入れているときがありました。https://madao-betsuo.com/2018-04-01-225106/https://madao-betsuo.com/2016-03-17-...

実際このあいだも懲りずにまた日本経済新聞を購読してみたのですが、読む気にならず。

しかし日本では、新聞代わりになる週刊誌というものはなかなかないようです。

とりあえずdマガジンで「週刊東洋経済」や「週刊エコノミスト」でも軽く覗いてみようかな。

父親は「週刊東洋経済」を定期購読していたのを、今さら思い出しました。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる