スポンサーリンク

『魅せる自分のつくりかた 〈演劇的教養〉のすすめ』

安田雅弘 講談社選書メチエ 私の仕事はもちろん役者とは何の関係のない仕事だけれど、生きていくにあたっては何らかの演技に関する素養を必要とするのではないか。 書店でこの本のタイトルが眼に入ったとき、そんなことを考えました。...
映画など

『マイノリティ・リポート』

スティーヴン・スピルバーグ監督 2054年のアメリカ。 「プリコグ」と呼ばれる三人の予知能力者(女性)。 彼女たちは厳重に警備された施設内の「プール」で生かされている。 殺人を予知する「装置」なのだ。...
映画など

『カメラを止めるな!』を二度見た!

camerawotomeruna2
iphone ipad

お守りとしてのモバイルバッテリー

いままでに所有してきたモバイルバッテリーは5台になります。 たぶん、最初に買ったのはエネループが使えるものでした。 まだ持ってますが、ほとんど使っていません。 現在持っている主力の2台はこちら。 ...
思ったこと

TV(ストレンジ)ピープル

私が子どもの頃、家にあったテレビは当然のことながらチャンネルが回転式だった。 チャンネルを変えるときは、チャンネルを変えるための「つまみ」をがちゃがちゃと「ひねる」のである。 当然、リモコンなんてものはなかった。 ...

『そろそろ左派は〈経済〉を語ろう レフト3.0の政治経済学』

ブレイディみかこ×松尾匡×北田暁大 亜紀書房   イギリス在住の保育士でライターのブレイディさん、経済学者の松尾さん、社会学者の北田さんによる対談本。 簡単に読めるだろう、と軽く思っていたが、読み応えのあるとんでもなくおもしろい本でした。 ...
小咄

危険な時間帯

夕暮れに弱い。 黄昏時。 誰そ彼。 車に乗っていて焼けた空を見ると、身体がほどけていってしまう感覚に陥る。 サッカーの「危険な時間帯」はキックオフ直後や得点直後を指すようだが、私にとっては夕方。 暮れきって、夜...
カメラ

LUMIX G9のファインダー内ごみを取り除いてもらう

7月下旬のある日、愛用のカメラであるLUMIX G9のファインダーをのぞくと、左下の部分に黒い点のようなものが見えます。 ファインダーの表面を拭いてみましたが、点は消えず。 レンズを疑って前玉、後玉をブロアーで掃除してみましたが...

『常世の花 石牟礼道子』

若松英輔 亜紀書房 若松英輔さんは、人と人をつなぐのが上手です。 「三田文学」の編集長をしていたこともあるのだから、それも当然なのかもしれないけれど。 そして私も若松さんの本を通して、いろんな人を紹介してもらってきました。...
映画など

『カメラを止めるな!』

上田慎一郎 監督 *この記事には段階的にネタバレがあります。完全なネタバレはしないようにしたつもりですが、未見の方は読まない方がいいかもしれません。 評判がいい映画なので、あまのじゃくの私は見ないでおこう...
スポンサーリンク