「DayOne」の読み方〜日記を読み返すために、日記システムを見直す2

日記は「DayOne」というアプリで書いてきました。

それをやめて「Dynalist」というアウトライナーに切り替える、と先日書いたところです。

日記は書くことと同じくらい「読む」ことが重要だ、と『日記のすすめ』『日記の魔力』に書かれていました。

「DayOne」では自分があまり読む気になれない、ということがあって、「Dynalist」を使ってみることにしたのでした。

なぜ「DayOne」は読む気になれないのか?

1 エントリーごとの区分により一覧性がない。

2 エントリーが新→旧の順番でしか表示されないのは入力時はいいが、読むときには感覚的に気持ちが悪い。

 

「Dynalist」はもちろんいいアウトライナーですし、「DynaWrite」もそれを補完するいいアプリです。

そもそも、Dynalistで半年くらい日記を書いていた経験があるので、アウトライナーでの日記には慣れています。

しかし、記録していくときにはやはり「DayOne」のほうが楽だし、手間もかからないのです。

何より、写真をアプリで簡単に撮って記録できるのは大きい。

「Dynalist」に写真を貼り付けるには一手間かかります。

また、「DayOne」にはApple Watchのアプリもあり、音声入力もできてしまいます。

ささっと小声で簡易のメモが取れます。

問題なのは「DayOne」の読むモードだけなのです。

なんとかならないものか。

もやもやしながら「Dynalist」に日記を書き、ときおり後ろ髪を引かれる思いで「DayOne」をいじっていました。

複数のエントリーを選択してみる。

スクリーンショット選択中

これをうまくまとめられたらいいのになあ。

その状態で副ボタンをクリックしてみると、その中の項目に「Open in」というメニューがありました。

「html」とか「pdf」とか並んでいるので、試しに「html」を選択し、それを「safari」で開いてみました。

すると、複数選択したエントリーが結合されて表示されるではないですか。

しかも、古いエントリーから新しいエントリーの順番に並んでいて、写真も入っています。

おお。

例えば、エントリーを一週間とか一ヶ月とか一年といったスパンで結合することができます。

普通のwebサイトを読むように「読める」。

貼り付けたハイパーリンクも生きていますので、充分実用的です。

どうして気づかなかったんだろう。

マニュアルが英語で作られているので、きちんと読んでないんですねー。

とりあえずDynalistで書いた日記二日分を「DayOne」で書き直して、継続していきます。