夏のリュック選び

バッグなど持たず、手ぶらで歩くのがいちばんかっこいいと思う。

しかし心配性なので、持ち物が多いのです。

ふだんはマムートのリュックを背負っています。

車に乗って病院に行く場合には、サコッシュにipadとお薬手帳などを入れていきます。

本格的な夏になり、ちょっと近郊まで電車で出かけるとなると、マムートのリュックでは重い。

サコッシュでは水筒などが入らない(入るかもしれないが不格好)。

ということで、10lから15lくらいの軽量リュックを探すことにしました。

1 アークテリクス エアリオス

みんな大好き!アークテリクス。

アークテリクスは、現在ウエストバッグとスコミッシュフーディを持っています。

以前はリュックを持ってました。

かっこいいけど、高い。

このエアリオスは10l。

バンジーコードがついています。

重さは420g。

ちなみに現在いちばんよく使っているマムートのリュックは26lで、重さ1,100g。

軽いですね。

ミニマリストっぽい。

2 オスプレー デイライト

オスプレーのザックは、尾瀬一泊用にタロン33lを以前購入しました。

定評のあるザックです。

オスプレーからも軽量リュックが出ています。

デイライトは13l、450gとなります。

デイライトかエアリオスかどちらかかなあ。

もちろんドイターなど、他のメーカーからも同様の軽いリュックは出ていますが、悩むのも疲れたので、持ったことのあるメーカーにしようと思います。

3 オスプレー デイライトプラス

オスプレーデイライトの容量を20lに増やしたモデルです。

そもそも20lということで検討対象からは除外していたのですが、ふと重さを見ると540g。

デイライトとほぼ変わりません。

YouTubeを見ると、デイライトプラスはノートパソコンが入るスリーブがあるそう。

デイライトより幅は少し広くなっていますが、縦の長さは変わりません。

4 結論

さて、どうするか。

かっこよさはアークテリクス。

あこがれのミニマリストになれそうです。

背中の涼しさはオスプレー。

タロンでも使われている「エアスピードサスペンション」という、メッシュが本体と離れて張られているシステムが採用されていて、背中に空気が通ります。

使い勝手はオスプレー。

外ポケットが多いし、デイライトプラスになると更に増えます。

ノートパソコンのスリーブについては要らないかな。

ノートパソコンを持ち出すときにはマムートを使うので、デイライトプラスは少しオーバースペック。

価格はオスプレー。

エアリアスも並行輸入品などは安く手に入るようですが。

結局デイライトプラスにしました。

少しでも容量の大きい物を選んでしまうのは貧乏性がゆえ。

ミニマリストへの道は、遠いなあ。

5 オスプレーデイライトの使用感

軽いです。

背負っていることを忘れるほど。

エアスピードサスペンション

メインコンパートメント。スリーブ部

ボトルポケット

ポケット

サイズ感的に、小さすぎず大きすぎず、だいたい考えていたとおりのものだったので安心しました。

この夏の活躍を期待したい。