「小さな習慣」にあこがれる

先日読んだ大橋悦夫さんのこの記事。

とても気になりました。
継続するとたいていいいことがあることは私だって知っているのですが、どうしてもうまく続けられないので。

書店で『小さな習慣』をぱらぱらめくったり、書評を読んだりした限りでは「腕立て伏せを一回を毎日続ける」というのがこの本における象徴的なトピックのようです。
目標をばかばかしいくらい小さくすること。
それによってその目標が習慣になっていく、ということです。

たまには自己啓発してみようかなあ。
ともあれ、まずは本をきちんと読んでみよう、と思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる