ポケットいっぱいの持ち物

右のポッケにゃ 夢がある

左のポッケにゃ チュウインガム

「東京キッド」(作詞:藤浦 洸)

外出時、ズボンのポケットに何を入れるか定位置を決めています。

 

  右前 ハンカチと眼鏡ふき

  左前 鍵

  右後 財布

  左後 iPhone

若い頃は、自分はきちんとした人間なので忘れ物なんかするはずがない、と思いこんでいました。

しかし、何度も何度も何度も失敗して、ようやく自分が抜けてる人だということに気づきました。

忘れ物をしないためにはどうすればいいか。

 

まだ世界に「切符」というものがあった時代がありました。

なぜか切符は、私のズボンのポケットの中で忽然と消失したものでした。

村上春樹さんもその問題に言及しています。

ああ、村上さんもいっしょなんだ、と喜んだ覚えがあります。

 

忘れ物や切符が消失する対策として、ポケットの定位置を決めていくようにしたのでした。

切符は必ず右前ポケットに入れることは徹底しました。

財布は右後。

鍵は左前。

ハンカチは持ったり持たなかったり(やばいですね)。

 

時代とともに携帯電話が現れて、定位置も少しずつシフトしていきました。

現状のシフトはかなり長くて、もう7年から8年になります。

iPhoneを持つまでは、携帯電話は確か左前ポケットに入れていたような気がします。

 

さて、手帳を携帯することになり、ポケットを明けなくてはならなくなりました。

あわせて読みたい
『精神科医が実践するデジタルに頼らない効率高速仕事術』に影響されて手帳を持ち歩くようになる
『精神科医が実践するデジタルに頼らない効率高速仕事術』に影響されて手帳を持ち歩くようになる先日読んだこの本に影響を受け、手帳を持ち歩くことにしました。https://madao-betsuo.com/seishinkaigajissensurukouritsukousokushigotojutsu/井原裕さんが使用されて...

とりあえず、こんな感じにシフトを組みました。

  右前 ハンカチと眼鏡ふきと鍵

  左前 iPhone

  右後 財布

  左後 手帳

非常に無理がある。

iPhoneが前ポケットに来るのは、何だかじゃまです。

右前もぎゅうぎゅうで、しかも車に乗ろうものな車のキーも加わるので、みにくくふくれあがってしまいます。

何かしら対策を考えなくてはいけません。

①シザーバッグ的なものを持つ(微妙)②クラッチバッグ的なものを持ち歩く(置き忘れそう)③収納がたくさんできる服を着る(会社には何を着ていく)④iPhoneを首からぶら下げる(うーん)⑤財布を首からぶら下げる(いやいや)⑥手帳を首からぶら下げる、などなどなど。

キャッシュレス時代を迎えるのですから、そもそも財布を持たないという手も考えられます。

どうせ財布にはお金なんか入っていないのです。

そもそもポケットにものなんか入れたらシルエットが崩れるので、入れるべきではない、と言われるかもしれません。

そんなこといわれてもねえ。

試行錯誤しつつ、ぼちぼちやってみます。

そもそも手帳携帯自体がいつまで続くのか、と不安もありますし。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる