スタバをめぐる冒険

仕事に復帰して、とりあえず昼休みはオフィスを出ることにしました。

以前はオフィスで出前のお弁当を食べて、机で寝てることが多かった。

弁当は安いしうまいのですが、しばらくは気分を切り替えるために外に出ようと思います。

ということで、先日は近くのドトールコーヒーで昼食をとりましたが、せまくて椅子も今ひとつでゆっくりづらい。

あわせて読みたい
リハビリ出勤一ヶ月
リハビリ出勤一ヶ月10月になりました。9月から始めたリハビリ出勤も、一ヶ月が経過しました。あと一ヶ月リハビリ出勤をして、11月から完全復帰予定です。https://madao-betsuo.com/rehabil...

さてどうしよう、と思っていたら夢の中にスターバックスコーヒーのセイレーンが出てきて、「たまにはスターバックスにもコーヒー飲みに来てくださいね」というではありませんか。

確かにオフィスの近くにスターバックスはあるのです。

しかしスターバックスと言うと、私の中では「サブウェイ」とともにオーダーするのが難解なイメージが貼り付いています。

記憶にある限り、十年以上前に一度行ったっきり。

それ以来入ったことがありません。

そのときのことはまったく覚えていないけど、オーダーの際にやけどを負わせられた上に唐辛子入りのコーヒーを飲まされるような目に遭ったのに違いありません。

敷居高いー。

しかし、どんどん新しいことに挑戦して刺激を与えていかなくては。

 

今回訪れたのは、見るからにおしゃれなお店。

多くの面がガラス張りなのですが、そもそもどこから入ればいいかわからない。

ぐるっと回って裏口みたいな扉から入りました。

店内に入って分かりましたが、最初にスターバックスと認識した位置が入り口でした。

大きなガラス張りだったのでドアと認識できなかったという、雀並みの脳……

 

店内は広々として、お客さんも少なめ。

椅子やテーブルもいろいろな種類があってよりどりみどり。

静かだし、いい感じです。

 

まず、お昼ごはんとして「石窯フィローネ ハニーマスタードポーク」を取りました。

肉が入っていたので。

http://www.starbucks.co.jp/food/sandwich/4524785370142/?category=food%2Fsandwich

そして店員のおねえさんの前に立ちました。

緊張のドリンクオーダー。

念のため、事前にスタバ攻略サイト的なものを見てきました。

基本は「スターバックスラテ」で「トール」をオーダーするのがよさそう。

しかもミルクを「ブラベミルク」というものにするととてもおいしいらしい(無料)。

なので「ホットのスターバックスラテのトールをブラベミルクで」というセリフを覚えていきました。

おねえさんが「こちらは温めてよろしいですか」と石窯フィローネ ハニーマスタードポークの扱いについて訊いてきたので「はいぃ」と不審な返事。

しかしその瞬間、覚えてきたセリフが飛んでしまい「あと、スターバックスラテのトールください」としか言えませんでした。

するとおねえさんが「ホットですか?アイスですか?」とまた尋ねてくるではないですか。

ああああああああああ。

いうの忘れた。

ホットかアイスか、ショートかトールかグランデかということはきちんと言ってくださいね、とセイレーンにも言われたのに。

失態。

「ホ、ホットでお願いします」というと、おねえさんがにっこりと「かしこまりました」といってくれたのでほっとしました。

マグカップでいいですか?といわれたような気がしたので、虚脱状態の私は「はい」と返答。

右のカウンターでラテとフードを受け取り、ひとり掛けの席に座りました。

 

「石窯フィローネ ハニーマスタードポーク」は、とてもおいしい。

ドトールのミラノサンドよりもほんの少し、おいしいかもしれません。

ドトールの皆さんすみません。

コーヒーも確かにおいしいです。

石窯フィローネ ハニーマスタードポークを食べ終わったら、MacBookを広げてみました。

スタバでは必ずMacBookを広げてどや顔をしなくてはならない、という話を聞いていたので。

しかしなかなか無線LANに繋がらずその設定に追われ、どや顔をするどころか昼休みがなくなってきてしまいました。

書けたのはこの文章の一部だけ。

だけど、ずいぶん居心地はよかったなあ。

ハードルを自分であげすぎていたのですねー。

今度はもう少しリラックスして過ごします!

あわせて読みたい
Starbucks Coffee Japan|スターバックス コーヒー ジャパン
Starbucks Coffee Japan|スターバックス コーヒー ジャパンスターバックス コーヒー ジャパンの公式ホームページ。新商品・メニュー情報、店舗検索、イベント情報、求人情報、エスプレッソドリンク用語の解説、コーヒー豆の解説、IR...

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる