電卓とトラックボール

3年近く仕事を休んでいました。

復帰してみると、オフィスには私物が段ボール箱2箱にきちんと残されていました。

ペットボトルのお茶までもが残されていたので、まいりました。

ペットボトルのお茶にもまいりましたが、劣化に驚いたのが電卓です。

たぶん、元はこんな色だったはずです。

それがこんなふうに、セピア色になってしまっていました。

 

この電卓を買ったのは、それはまだ私が向学心に燃えていた頃。

さまざまな行きがかり上、簿記の試験を受けることになりました。

勉強するにあたっても、もちろん形から入るので当時の評判のいいSHARPの電卓を買ったのでした。

それ以来この電卓をずっと使っていましたが、経年劣化からかキーの一部の反応が鈍くなっていました。

あらためて使ってみたけれど、やはり反応がいまいちな感じ。

なによりもセピア色なのが、やる気を削ぎます。

 

そこで心機一転するべく、「Amazon’s choice」のCanonの電卓を導入しました。

[amazonjs asin=”B005PQ9BJU” locale=”JP” title=”キャノン 電卓 12桁 卓上サイズ 時間計算 千万単位機能 HS-1220TUG グレー”]

SHARPの電卓と比べるとキータッチが少し固いような気もします。

しかしゆっくり打つ私には、これで充分。

しっかり感があるので、慣れれば楽だと思います。

今日さっそく数字のチェックの仕事を任されたので、使ってみました。

 

ついでに、マウスの代わりにトラックボールを導入しました。

[amazonjs asin=”B07DC88C26″ locale=”JP” title=”LOGICOOL ワイヤレストラックボール SW-M570″]

MacBookのトラックパッドになれると、マウスがまどろっこしくてしょうがない。

セキュリティの厳しいPCでも、さくっと使えました。

なんと言ってもマウスパッドが要らないので、机が広く使えるような気がしていい感じであります。

着々と装備はそろっていますが、いちばん肝心の本人が仕上がりませんなあ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる