今さら学ぶ電話応対

先日電話応対でしくじりました。

相手にお願いして、こちらの要望を同意してもらわないと進まない案件。

なかなか進まないので、本来であれば相手まで伺って話をしたいところだが距離的に難しいので電話でやり取りするしかない。

過去の交渉の経験から得た技術を駆使したつもりだったが、なだめたり強く言ったりの「強く言ったり」のところが相手の反感を買ってしまいました。

以来、まったく相手がこちらを受け入れることすら難しくなってしまった。

まいった。

上司に相談したところ、上司から連絡を入れてくれるとのこと。

上司の電話を脇で聞いていたのですが、実にスムーズにことが運んだ。

ほっとしたとともに、感心してしまいました。

もちろんこちらの担当が替わったことで、相手も仕切り直しができたということはある。

それにしても、上司のハンドリングが見事だった。

常に冷静で、決して強くは言わない。

しかし冷静なのは口調だけで、内容はけっこうきついことを言っている。

ポイントはたぶんここなんだろうと思いました。

強い口調できついことを言われると、相手はそれ以上話を聞きたくなくなる。

言いたいことを、冷静にゆっくりていねいに伝える。

当たり前のことですが、それができていなかったんだなあと痛感しました。

この歳になって勉強しました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる