詩は空からiphoneに降ってくる

思うように書けないのは 言葉にならないほど 大きなおもいがあることの あかし

生涯を費やして 解き明かせという 人生からの いざない

— 若松英輔 (@yomutokaku) 2018年4月2日 短歌や現代詩、ボードレール。 どんな「詩」も読めないで生きてきました。 ときおり思い立っては、田村隆一『腐敗性物質』や「ランボー全集」を手に入れてみるのです。 しかし、数回しか開くことはありません。 詩は朗読しないとだめだよ、といわれて声に出してみましたが、だめ。 身構えてしまいます。 散文的で凡庸な人間。

しかし、このツイートを見たときには、すっと言葉が入ってきました。 現代では、詩は空から降ってきて、不意打ちをするのです。

これを機会に、たまには詩を読んでみましょう。