カメラを壊すな!

キグチコヘイ ハ テキ ノ タマ ニ アタリマシタガ、シンデモ ラッパ ヲ クチカラ ハナシマセンデシタ

「尋常小学校 修身書」

 

秋の日曜日、房総半島の鋸山にスタンプラリーマスターことZABAさんと行ってきました。

登山と下山の全行程はおよそ2時間半ほど。

あわせて読みたい
鋸山登山とさすけ食堂
鋸山登山とさすけ食堂秋の日曜日、房総半島の鋸山に下山家・スタンプラリーマスターとして名高いZABAさんとともに登ることになりました。今回は電車での旅。内房線の保田駅に到着したのは7時...

下山も終盤となり、ほぼ平坦な道にさしかかりました。

苗場山や赤湯温泉と比べれば、かなり楽。

それまでの山道から、舗装された道になります。

「ここで下山は終わりだな」と私が宣言しました。

その刹那、右足が何かに引っかかりました。

うわ、っとバランスを崩します。

カメラを首から提げていたので、このまま正面から転ぶと壊れてしまいそう。

身体をひねりました。

手をつくと骨折しそう。

結局、左肩から地面に落下しました。

 

太い木の枝に足が絡まって、転んじゃいました。

カメラには衝撃が加わりました。

大きな故障は今のところ出ていないのですが、ボディに傷がついてしまいました。

オスプレーのバックパックにもそれなりの傷。

ついでに私自身も、左肩や左足などに擦過傷など。

 

さまざまな教訓に満ちた話です。

ぜひ、道徳の教科書に載せてもらいたい。

とりあえず私自身が積極的な教訓を引き出すこととすれば、カメラはもっともっと傷つけなくてはいけない、ということです。

もちろん、故意に傷つけるべきではありません。

しかし考えてみるとリセールバリューのことばかり考えて、絶対に傷つかないように飾っておく感じだったなあ、と思いました。

もっともっと積極的に持ち出して、カメラの塗装が擦りきれるくらい使い倒したいです。

そのきっかけになればよい。

 

それにしても左肩と左足と左胸が痛い。

恋なのかしら。

 

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる