夏のサンダル通勤

七月前半はいわゆる「梅雨寒」。

このまま涼しくなるのかもしれない。

そんな希望も抱きました。

もちろんそんなことは幻想でありました。

うって変わって暑くなった七月後半。

自転車で通うのもつらくなってきたので、電車とバスを利用しての通勤です。

考えてみれば夏通勤するのは四年ぶり。

なんとか通勤に耐えなくては、と思いソフト、ハード面で対策を講じてみました。

ソフト面では、今はやりの「時差出勤」が許されているので活用することにします。

普通の勤務より1時間早く仕事を開始しています。

もう夏休みなので学生さんがおらずそもそも電車もバスも空いている上に、早朝なのでさらにすかすか。

エアコンも効いて、快適な通勤環境です。

とはいっても歩かないわけにはいかず、やはり暑い

そこで、KEENのUneekを素足で履いています。

ユニーク コレクション
null

裸足で歩き始めてしまうと、もう戻れません。

毎日同じ靴(サンダル?)なのもどうかと思い、KEENのセールで「アロヨ」を購入。

メンズ | アロヨ スリー | サンダルシューズ
TARGHEE EXPの高性能ソールシステムに、サンダルの通気性をブレンドしたハイブリッドハイキングサンダル。都市からアウトドア、ビーチから野外フェスまで、幅広い用途に対応する多目的モデル。

こんなかっこうで通勤、仕事してて、ビジネスマンとしてこれでいいのか。

この人には怒られる、というか軽蔑されそうです。

上着は絶対に脱がない 「シャツは下着だから」|Men's Fashion|NIKKEI STYLE
真夏だろうと、顧客から促されようと、ジャケットは絶対に脱がない――。人工知能(AI)ソフトウエア開発を手がけるワークスアプリケーションズの牧野正幸最高経営責任者(CEO)は、スーツの着こなしに自ら厳しいルールを課す。なぜそこまでストイックになる…

まあ、いいや。