最後の自転車選び

先日、愛車のGIANT ESCAPEが壊れてしまいました。

あわせて読みたい
デス・ノートとしての「DayOne」
デス・ノートとしての「DayOne」今日は会社の健康診断がありました。健診の場所はふだん通勤するオフィスとは違って、自宅から自転車で行ける距離なので朝はゆっくりでした。私は高脂血症の経過観察対...

循環型社会の実現のためには修理しても乗るべきかもしれません。

しかし今までメンテナンスをきちんとしてこなかったために、至る所に不具合が出てきていました。

直すのにはそれなりの金額が必要。

そこで、後継自転車を検討することにしました。

これから買うとすると、人生最後の自転車になる可能性が高い。

少し緊張します。

 

今まではクロスバイクに乗っていました。

速いです。

今後は速さよりも、気軽さとか取り回しの楽さが必要かな。

歩きづらくなったときのため、近くでもさくっと乗れる自転車がいい。

ミニベロがいいかな、と思い始めています。

ミニベロとはタイヤの直径が20㎝くらいの小径の自転車。

速度はあまり出ないのですが、踏み出しからすぐスピードに乗れるという利点があります。

そもそも理屈抜きでかわいいですよね。

私は身長が180㎝あるのですが、まあなんとか乗れないこともなさそう。

ミニベロで有名なのはビアンキ、ルイガノなど。

しかしスペックゾンビの私はつい車体の軽さとかディスクブレーキの有無などを気にしてしまいます。

価格とメンテナンスのしやすさを重視しつつ、最後の自転車をこれから検討していきます。

この記事を書いた人

m-betsuo(べつお)

やる気のない中年男性が、やる気を出そうとしています

目次
閉じる