リハビリ出勤初日

2年11か月ぶりに職場復帰を果たしました。

と偉そうな言い方をしてみましたが、正式に戻ったわけではなく「リハビリ出勤」が始まったのです。

通勤訓練のための訓練
大相撲秋場所が始まるとともに、仕事への復帰の前段「リハビリ出勤」が始まります。通勤と職場の雰囲気に慣れましょう、というのが主眼です。復帰の友でありライバル(と勝手に思っている)稀勢の里さんは、北の富士さんに「気迫が感じられない」...

前日は眠れないんじゃないか、とかいろいろ考えましたが、熟睡。

当日も意外にさらっと職場に行くことができました。

ラッシュの混雑時間も外れているので、のんびりと出勤できました。

しばらくは10時から12時までが在席時間です。

 

最初に紹介などをされるのかと思い心配しましたが、それはありませんでした。

事前に周囲の方々には話をしてくれていたようです。

上司にあいさつをしたあと自席に座り、置きっぱなしだった私物類の整理です。

私物が段ボールにぶち込んであったのですが、中にはペットボトルのお茶やお菓子まで入っていました。

げろ。

どうでもいい書類などとともに処分しました。

整理しながらも、最初は汗がどっと出てきてどうなることかと思いました。

変な緊張が出てきたみたいです。

それも30分くらいしたら落ち着いてきました。

 

ほとんどの人が転勤してしまっていましたが、知っている人が何人かいたのであいさつしに行きました。

多少どきどきしつつ。

変わったことといったら、椅子がずいぶんよくなっていたので驚きました。

持ち込まなくてもいいかも。

腰痛予防のために持ちこんでいた「アーユルメディカルシート」は残っていました。

『この椅子が一番! 椅子に関わる専門家100人が本音で選んだシーン別ベストな椅子とは…』
ここ数年、腰がどよーんと痛い。加齢によるものです。この一年くらいはパーキンソン病の影響で歩行時の足のバランスが悪いこともあって、特に右腰がつらい。もうすぐオフィス(そんなすてきな場所ではないが)で、ずっと椅子に座り続けることにな...

そのうえ専用のクッションまでもありました。

これはぜんぜん買った覚えがなかったので、びっくり。

とりあえず使用。

 

2時間は長かったですね。

図書館にいるのとは、やはりわけが違います。

人の話し声や電話の声。

そんなのあたりまえのことですが、そういうところから離れて三年近く生活していました。

慣れていかないといけません。

とはいえ、思っていたよりは無事に終えることができたと思います。

上司や同僚をはじめとする皆さんのおかげです。

 

業務用のパソコンの設定は、ID登録などいろいろ面倒らしくてまた後日。

まあ、すぐには使わないと思うのでいいのですが。

一応東プレのキーボードも職場に残っていたので、自宅に持ち帰り「かえうち」の設定をすることにしました。

親指シフトと「かえうち」
「親指シフト」をご存じでしょうか? PCの日本語入力は、ほとんどの方はローマ字入力を使っていると思います。 そしてごく一部がかな入力。 「親指シフト」は1979年に富士通が考案した、もうひとつの入力方法です。 同一のキー(例えば「T...

 

今後は数日おきに通勤しつつ、在席時間を少しずつ延ばしていくことになります。

休んでいる日も家で寝ないよう、図書館に通うことにするつもりです。

とにかく最初は通勤のリズムを覚えさせることに専念します。

 

稀勢の里も苦戦しながらもここまで5連勝。

稀勢の里がライバル!
3年近く会社を休んでいます。当初、まったく身体が動かなくなり頭もぼんやり。うつ病ということで薬を服用しながら自宅療養していました。なかなかよくならず出口が見つからなかったのですが、ひょんなことからパーキンソン病でもあることが...

苦しいこともありましょうが、ともに復活を目指しましょう。